2005年08月19日

あの人からの手紙

最近笑うことが少ない・・でも久しぶりに笑った^。^
なぜ??

あの人からの手紙

もらう人ともらいたい人の名前を入力するとユーモアたっぷりのお手紙がもらえる♪

みなさんお試しください。他にもいろんな占いなどあって、戦隊占いでは私・・おかん戦隊ホイミンジャーのイエローでした@。@
ちなみにグリーンは北島三郎^。^

ちなみに私のもらった手紙は・・・続きを読む

ニックネーム chakipankoママ at 11:19| Comment(10) | TrackBack(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

正式譲渡決まりました

ちはりんさんから先日正式に譲渡したいと申し出てくださり、キャンディはちはりんさんのお家の子になりました。
キャンディのことを話してから手放すと決めるまで暖かく私とキャンディを見守ってくださり、トライアル希望までしていただきました。
ブログでも素敵な方だと感じていましたが、実際にお会いしてみて想像以上に素敵な方でキャンディをお願いすることができてとてもうれしく思いました。誠実で明るくて愛犬と楽しみながらしつけや訓練をしているちはりんさんに出会えたのはすべてキャンディのおかげです。そしてみなさんに支えてもらい出会えた縁と思っています。
キャンディがうちで過ごした日は2ヶ月でしたが本当にいろんな事を教えてもらい、たくさんの人の縁を結んでくれました。
今も家族の一員として愛情を持っています。これからはちはりんさんのキャンディちゃんとしてファンとして見守っていけたらと思います。
キャンディを迎えた日が6月7日ちはりんさんにキャンディを預けた日が8月7日でちょうど2ヶ月でした。たまたま都合がついた日でしたが何か運命だったのかなと感じています。
これから自分自身が何ができるのかを探しながらキャンディちゃんに恥ずかしくないよう、生きていけたらと思っています。
みなさん今までいろいろありがとうございました。
これからも細々とやっていきますのでよろしくお願いします
ニックネーム chakipankoママ at 20:58| Comment(11) | TrackBack(57) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

トライアル開始しました

ご報告遅くなりましたが、日曜日からトライアル開始しました。
本当はもっと早く報告しなくてはと思いましたが、感傷的な文章になってしまいそうで、同情をひいてしまいそうな文章になるのが怖くて少し間をあけてしまいました。

想像以上に素敵なちはりんさんにお会いでき、いろいろお話させていただきました。

ちはりんさんのブログに早速キャンディの様子が書いてありました。
昨日までうちにいたキャンディがちはりんさんのお宅で楽しそうに遊んでいる・・・ちはりんさんを信頼して、凛ちゃんたちと仲良く遊んでいる姿にとてもうれしかった。こういった姿を見たかったから手放すことにしたんだと改めて思いました。

正直キャンディを手放した悲しみはありますがそれを乗り越えることが私の試練であり、それがキャンディを迎えたことを忘れないことだと思います。まだまだ犬のことに関して無知だったことをちはりんさんとお話して気づきました。もっともっと犬の気持ちを知りたい。

犬と飼い主が心から信頼しあえる関係になりたい。そのためにいろいろ勉強したいと思います。

いろいろありがとうございました。
キャンディのおかげでいろんなこと教えてもらい、ちはりんさんに出会いました。

よかったらちはりんさんのブログでキャンディのこと見守っていただけたらと思います。
3パピママの独り言
ニックネーム chakipankoママ at 10:18| Comment(4) | TrackBack(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

感謝とお詫び

今改めて自分の日記、コメントやみなさんからいただいたコメント、記事を読み返して(しつこくてすみません)考え方の違いはあってもみなさんがキャンディの幸せを願ってくださっている気持ちがあったからいろんなコメントやアドバイスをしてくださったんだと感じました。

そして自分自身にも自分が出した決断を認めて欲しいというエゴや強気な態度があったことも感じました。改めて感謝とお詫びを申し上げます。

今回こうして意見を交換しあう中でいろんなことを考えたり、迷ったり、気分が落ち込んだりと正直かなり落ち込んだ事もありましたが、

やはり手放す決断をしたことに後悔はしていませんし、それが一番キャンディにとっては良い事だとおもっています。

この決断に対して同情や暖かい言葉を期待するのではなく、すべて冷静に受け止め、そこから何ができるかを自分自身探しながらやっていくことで、この決断がキャンディにとって間違いではなかったと思ってもらえたらいいと思っています。

まだアセラで始めて間もない私にいろいろとコメントいただき、ありがとうございます。みなさんのお気持ちうれしかったです。

そして、知り合って間もない顔も見たことがない私に最初から最後まで常に適切なアドバイスをしてきてくださったmiwaさんたちありがとうございます。

こうした決断ができたのも全てみなさんのおかげです。間違いに気づき、迷いながらもみなさんが客観的な意見や体験を話してくれたりして支えてくれたおかげで前に進む事ができました。

そしてアセラで知り合ったばかりの私に批判のとばっちりを覚悟ですべて受け止めてくれたちはりんさんに感謝しています。

ありがとうございました。





ニックネーム chakipankoママ at 11:58| Comment(6) | TrackBack(57) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

ありがとうございます 

2時間かかって途中まで書いたのに一瞬で消えてしまいました@。@
気力が残っていたら書きますので・・


今回私がお話したことに対していろんなコメント、アドバイスいただきありがとうございます。そして思わぬ方向?へ進み熱いバトルのようになってしまった事お詫びします。
今回私が話した意図は 安易に犬を迎え入れた私の失敗をみなさんに知っていただくことで犬の飼育の難しさ、迎える環境にあった犬を選ぶ事がとても大事だとみなさんに伝えたくてあえて恥を承知で公表しました。決して悲劇のヒロインになったつもりも同情してもらうつもりもありません。あえていうならキャンディが悲劇のヒロインでしょうか?
でもこれからは悲劇のヒロインではありません。幸せになるんですから。

今回話したことに対して批判、非難があることは覚悟していました。
そして批判を受ける事に対しては全て素直に受け止めています。
無責任な飼い主だと自覚していますし、批判されたから批判するというつもりはありません。

ただ今回のみなさんのコメント、アドバイスでどうしても目をつぶる事ができなかった疑問もあったのでご質問させていただきました。

そして今日あこちさんから答えをもらいました。正直昨日までは逃げていると思っていました。言いたい事だけ言って都合が悪くなると逃げている卑怯な方だと思っていました(ごめんなさい)

でも今日の日記であこちさんが自分の言葉を正直に書いてくれた事にとてもうれしく思いました。決してあこちさんが私に謝ってくれたから私も許すとかそんなことではありません。そして誤解していた事をお詫びします。私はあこちさんに意地悪したくてロンちゃんのことを持ち出したつもりではないんです。

みなさんのコメントで終生飼うことが責任だという固執に疑問を感じ、
犬を最後まで見ることができないんだったらもう飼うなと言われたことにも疑問をもちました。

じゃああこちさんはいいの?迷子にして最後まで飼うことができなかったけど、不幸な子を迎えたらそれでチャラになるの?それなら私もキャンディを手放した後不幸な子を迎え入れれば許してもらえるのか?と。

でも許してくれませんよね?じゃあなぜあこちさんはいいの?仲間だから?友達だから?同じ考えをしているから?仲間意識だけで許されるのか?そう思ってしまったから質問してみました。

そしてあこちさんが正直に語ってくれた勇気と正直な気持ちが聞けて
初めて(ごめんなさい)あこちさんと向き合う事ができたと思いました。
考え方ややり方は違っても不幸な犬を増やしたくないという気持ちは一緒です。お互いに押し付けたり、批判するのではなく認め合えたらと思っています。あこちさんが後悔していることを重々知りながらあえて持ち出してしまってごめんなさい。

そしてみなさんからコメントいただいた中でいろいろ考え、正直落ち込んだり、これでよかったんだろうか?という迷いも感じました。
それでもみなさんのいうとおりキャンディを責任だけで飼うことがいいと思えなかったし、責任だけで飼う意味を見出せなかったのでキャンディを手放すことに変わりはありません。

このことに私達があれだけ言ってあげたのに強情ね、まだ責任の意味がわからないのかしら?と思っていらっしゃる方がいらしたら遠慮なく私の日記にコメントしてください。批判非難受け止めます。もちろん批判に対しての批判もしません。ただし私が疑問に思ってしまった事に関してはご質問させていただきますのでよろしくお願いします。

今回のコメントを全部拝見させていただきどうして私が手放すのかみなさんが疑問に思ってらっしゃる事もあると思います。私の説明不足でしたので出来る限り答えたいと思います。


○なぜ子どもが苦手か聞かなかったのか?

これは私のミスです。今まで犬を飼ってきて特に悩みもなくうまくやってきました。そして子どもが苦手な犬がいるのは知っていましたが
子どもを怖がり逃げる犬がいるとは思ってませんでした。
私が出品者に質問したことは多頭飼いに向いてますか?とひとつだけです。これに関しては私の甘さが原因なので出品者や自家繁殖屋を責めるつもりはまったくありません。

○ゲージで落ち着いた環境を作ってみれば?

もちろん家にもゲージはあります。キャンディもゲージ暮らしが長かったから気づくとゲージにいます(鍵はかけておらずオープンにしています)じゃあキャンディは落ち着いているのか?
落ち着いていません。寝ているようで娘の一挙一動に目を凝らし
動くたびに追いかけ噛もうとしています。

キャンディは繁殖リタイヤ犬です。繁殖に不向き(体が小さいのと帝王切開で産んだから)だから手放されました。自然分娩ができたらもっと産まされていたでしょう。生まれてからずっとゲージ暮らしで、人の愛情を受けず、楽しいこともなく、おやつももらえず、外の空気にふれることなく、草のにおいもしらずただ生きているだけの生活を2年半送ってきました。
そのキャンディに私は犬らしく暮らして欲しくて迎えました。
だからゲージに閉じ込めておく事はできません。もちろんしつけの意味では認めていますが、キャンディを家で飼うためにゲージに閉じ込めることはしたくなかったんです。もちろん他の部屋だってありますよ。
でも一人だけ群れからはずれ、飼い主がたまにしか来ない部屋に閉じ込め、散歩と食事を与える暮らしが果たしてキャンディにとって幸せと呼べるのでしょうか?私はそう思えません。

○キャンディを家族として認めていない?娘をとる?

私はどの子も娘と同じように愛していますし大事です。
家族の一員と思っています。キャンディを迎えた時から愛しいと思い、大事な家族だと思っています。それは今でも変わらないしこれから先もキャンディを愛しいという気持ちは消えません。
どちらをとるつもりもありません。どの子も大事だから。ではなぜ手放すのか?ということですよね?
キャンディは逃げ回ることから娘を追いかけて噛む行動をしています。
じゃあ噛むから手放すのか?娘を傷つけたから手放すのか?
そうではありません。
キャンディは大人には噛み付きません。ではなぜ娘を噛むのか?
怖い存在だから自分を守ろうとし、娘より上の順位にたとうとしているから。
うちでなければ噛むこともせず噛むことによって与えられる罰もない・・それを考えたときキャンディにとってどちらが幸せかわかりました。

○周りの人は手放さないアドバイスしたのか?
もちろんみなさん手放さない方向でアドバイスしてくれました。
キャンディを迎えてすぐに挫折し手放そうとした私にこうしてみれば?と一緒に考えてくれました。そしてみなさんのおかげで前向きになれ
キャンディと一緒に頑張ってみようと思いました。

○手放すのがはやいのでは?他に方法がもっとあるのでは?
もちろんそれは認識しています。キャンディを迎えて初めて飼育の難しさに悩み、家事や娘をほったらかして、一日パソコンでいろんな情報を検索しました。そしていろんな心の問題や体の病気を抱えているワンコがいるのを知りました。そして飼い主さんもあきらめず前向きにワンコと闘っていました。そして私なりにアドバイスいただいた中でキャンディが娘とうまくやっていけるよう努力していこうと思いました。
そんな折新聞の記事で動物の問題行動に対してアドバイスしている動物病院が紹介されていました。早速予約をいれ、その日を待ちわびました。この時点でもまだ甘い考えを持っていたのかもしれません。
その病院に行くことで希望が見えた気がしたんです。
でも現実は甘くなかった。先生といろんな話をして薬とこれからキャンディにしていく行動を教えてもらいかえってきました。でも帰り道、そして帰ってからもうちでなければ飲まなくてもいい薬と罰を与えてまで飼うことが果たしてキャンディにとって幸せなのか?と疑問が頭から離れず、悩みながらキャンディを手放すことにしました。
犬の問題行動を直すのに最低でも一年見ると言う意見がありました。もっともだと思います。でも一年かけて駄目だったら?その時手放したらみなさん納得しますか?しませんよね。一年がんばったんだからもう少しもう少しといいますよね。そのもう少しという私のエゴや責任だけでキャンディにストレスを与えながら薬と罰を与え続けそれでなれないまま年をとって娘が少し大人になってキャンディも年をとって落ち着いた老後2,3年を過ごせたとしてもそれがキャンディにとって幸せとは思えない。死んだときにキャンディ幸せだったねとは言えません。
後悔するでしょう。ごめんねつらい思いばかりさせてと詫びるでしょう。そして私が死ぬまで後悔し、ペットロスになるかもしれません。
キャンディを手放す事でペットロスになるのでは?という意見がありましたが、全然なりませんよ。いなくなった悲しみはありますが、キャンディが死んだわけではなく、犬らしい、キャンディが自由に飛び回っている姿を想像しただけてうれしいじゃないですか?

また消えると困るので一度保存しますね

○娘さんが傷つくのでは?いなくなったとき自分が原因だったと思うのでは?

娘の心配までしていただきありがとうございます。
キャンディを迎えてからとにかくキャンディのことで頭がいっぱいになり、正直娘のことはまったく気にしていませんでした。
そんな時相談している方みなさんが娘さんが心配ですねと言ってくださって初めて娘のフォローをしなければいけないことに気づいた愚かな母です。娘もなぜキャンディが自分を怖がるのかわからなかったので
キャンディが子どもを見たことがなくて、娘と仲良くなりたいと思っているけど近づかれると怖いんだってと説明しました。
キャンディを迎えた日から今日まで娘がキャンディに対して追いかけたり無理に近づこうとしたことは一度もありません。最初に逃げられて怖がられて正直私も娘が傷つくのでは?と思いましたが可愛いから見ているだけ(触れなくてもいい)でいいと言ってくれました。
娘がじっとしているとキャンディが自ら近づきます。
そんな時娘はキャンディが私の手舐めたよとうれしそうに
報告してくれます。今も噛んだり、追いかけられても泣きますが
けっして嫌いとは言いません。
おやつも最初は食べませんでしたが、今はもらっていますし、おやつは娘からもらうものとキャンディも認識しています。うちでは今まで一時預かりを4匹していますから娘も4匹見送っています。今もいた子の名前覚えていますし、その話がでたりします。さみしいという感情はあると思います。もしかしたら傷ついているかもしれません。それは親としてこれから彼女に対する
フォローを出来る限りしていきたいと思っています。

○私なら責任とって安楽死する

今削除されていますが私なら責任とって安楽死するというコメントがありました。
えー??このコメントを見て本当にそう思っているのかな?
と驚きと失望を感じました。
本当ですか?どうしても飼えなくなったからまだ寿命でも病気でもないのに安楽死させるんですか?それが責任なんですか?
ごめんなさい。そんな責任ならとれません。
そんなことするくらいなら無責任と言われても構いません。
だってキャンディは家では飼わなければまったく問題ない健康な2歳8ヶ月の子ですよ。あと10年以上生きられますよ?
私はキャンディを迎える前にマックスという話をHPで見ました。
みなさんもよくご存知かと思いますが2度飼い主が変わり、噛み付き暴走すると手がつけられないという理由で保健所に連れて行かれました。
マックス
初めて見たときとても衝撃をうけました。無責任な飼い主と思いました。もっと他に方法はなかったのか?保健所に連れて行くことが必要だったのかと?
そして今キャンディという子を家族に迎え手放そうとしている私はこの飼い主は保健所に連れて行くことで責任をとったのだと思います。
それは私にはできませんが。
今回こうしたコメントをくれた方は本当に自分が飼育困難になった場合安楽死を選ぶのでしょうか?そうすることが責任なのでしょうか?
私がキャンディを飼えないから責任とって安楽死させましたと言えば
そうだね自分で最後まで飼えないんだから責任とって最後を見届け
その罪を背負っていくのが生涯飼育という責任だよねと言ってくれますか?違いますよね?また違う批判、非難を浴びせ、自分のHPで誇張し、批判し、非難し、それに対しての自分が気に入らないコメントは削除し、正当化する。違いますか?違うならコメントお待ちしております。ちゃんと判断できる一般の人なら文章を見ただけで人柄がわかりますよ。

長々と書いてしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。キャンディを家族として認めたくて自分で飼うんだからという気持ちの確信が欲しくてこのアセラでブログをはじめました。
結局手放すことにしましたがキャンディを迎えたことで自分の間違いに気づき、そして多くの人に支えてもらい、キャンディにとって一番良い選択ができたと思っています。
いろんなことを教えてもらったキャンディに私ができることは今はキャンディに適した環境で愛情いっぱい与えてくれる人を見つけることだと思っています。そしてちはりんさんに出会いトライアルを希望していただきました。ちはりんさんのような方にキャンディを飼ってもらえるな
らと思いましたがそのことでちはりんさんに批判の矛先がいくことを懸念しました。
でもちはりんさんは構わないと言ってくれました。誠実でとても前向きで明るい素敵な方とお知り合いになり、キャンディを託す事が出来てこれもキャンディのおかげだと思っています。
またこの話で探すって言っていたけど手近で済ませたのでは?
味方してくれたから?といろいろ思う人がいらっしゃったらお手数ですがコメントはこちらにください。ちはりんさんを批判する事はお門違いですよ。

それではまた良い報告ができたらと思います。
お付き合いくださりありがとうございました
ニックネーム chakipankoママ at 14:30| Comment(0) | TrackBack(33) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

キャンディについて♪

IMG_0145.JPG
IMG_0201.JPG
前回ブログに書いたようにキャンディに新しい家族を探すことにしました。まだどうやって探そうと具体的には決まっていませんがいろいろアドバイスしていただいていますのでキャンディの事をよく理解していただいて高望みかもしれませんが愛情と時間をたっぷりかけてくれる里親を探して行きたいと思っています。
キャンディをよく知ってもらった上で募集をしなければいけないので改めてキャンディを観察してみました
キャンディ
パピヨン・♀・2002年11月16日生まれ現在2歳8ヶ月
体重現在2.4kg(小柄です)
トイレシートに排泄OK(たまに失敗あり)お散歩でも排泄します
子ども以外の人間大好き・抱っこも大好き・やや神経質で怖がり屋さんですが無駄吠えはありません。毛がけっこう抜けます。
食欲旺盛です。今現在は森永フードのフィッシュアンドポテトのドッグフードと野菜や肉を煮たものをあげています。おやつも大好きですがクッキーは食べません(食べるものもありますがジャーキー類が好きです)2005年6月17日避妊手術済み・8種ワクチン済み・フィラリア陰性6月からお薬飲ませています。
健康状態良好・ブラッシングも嫌がらずやらせてくれます。お留守番が少し苦手のようです(たまに粗相という嫌がらせをします)
今まで1日で最高8時間留守番させましたがその時はトイレシートの近くにウンチがポロっと落ちていました。
キャンディは子どもが苦手という事以外何も問題ありません。とっても可愛い(親ばかです)子です。多頭飼いでも問題はないと思いますが
うちの茶樹にはまったくしませんがパンコにマウンティグするのでそういった行動もあるかもしれません。でも基本的には控えめです。我先にということはありません。おとなしく自分の居場所で寝てくれます。
カフェでもとてもおとなしくお利口さんにしてくれます。
散歩で会うワンコには少し距離をおいています。
こんな感じでしょうか?
まだまだ言い尽くせないほどキャンディは可愛くてお茶目で甘えん坊さんです(すみません親ばかで)
こんなキャンディを暖かく見守ってくれる家庭を探していきたいと思います。


すみませんご指摘とおり軽率で楽観的な文章を書いてしまいました
今更削除するのもごまかしているようなのでこのままにさせていただきます。

ニックネーム chakipankoママ at 10:40| Comment(12) | TrackBack(63) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月28日

病院に行ってきました

病院からいただいた薬とこれから行動していく事を書いてくださった紙ですIMG_0258.JPG
病院に向かう途中のキャンディと娘(車の中では何も問題なく過ごせます)
IMG_0211.JPG
早く着きすぎたのでドッグカフェで時間潰し。娘の食べているアイスを
一心に見つめるキャンディ
IMG_0216.JPG

みなさんにご心配していただいていたのに昨日更新できずご報告遅くなった事お詫びします。精神的にパソコンに向かう元気がなく今日になってしまいました。
昨日病院に行ってきて2時間ほど先生とお話させていただきました。
迎えた状況から今現在のキャンディの様子などを話し、もし、キャンディにとって家で飼うことが負担になるようであれば里親を探す意向も伝えました。先生はもし私に里親をという選択があるならば里親に出したほうがいいとおっしゃりました。キャンディを家で飼う場合、薬を服用し、娘にとってもらいたい行動を教えるよ、でも子どもって予測のつかない行動とるし、持続力も5歳の子どもにはない。そういった無理をしてもキャンディがこの先娘を受け入れるかどうかわからない。
お金と時間がかかるよ。と
そして慣れるまでいつとは言えないし、100%キャンディが受け入れるということはないと思うと。
キャンディは今家を自分の家と認識している最中です。そしてそのテリトリーの中で自分が上位になろうとパンコにマウンティングしています。一番弱いパンコ(結構強いんですが)を標的にまず自分の位置をあげていこうとしているそうです。そしてその次の標的が娘だと言われました。
最初は逃げ回るだけだったのに、追いかけて噛もうとする、噛むという行動は娘より上位にという行動だったそうです。
車の中やカフェでは大丈夫だったのは自分がまだテリトリーとは認識していいない場所なので自分の事で精一杯で娘の事には気が回らないからだと言われました。
薬は分離不安症治療補助剤です。家にいなければ飲まなくてもいい薬です。
そして副作用もあります(下痢、便秘、嘔吐等)
悩みながら夏休み一ヶ月の間試してみますと言って先生にお薬と今後の指導をしていただきました。何年もかかることを1ヶ月やるだけ無駄ですか?と聞くと無駄ではないが効果は100のうち10〜20だと言われました。
先生が紙に書いてくれた事は
○おやつ、えさは必ず娘があげる(そばに私も付いている)
○私の隣に娘を座らせ、キャンディを呼んでおやつをあげる
○娘にキャンディの名前を優しく呼んでもらう
○娘を常に気遣いそばにいてキャンディに私にとって一番大事なのは娘だと 認識させる
○もし噛んだ場合は血がでなかったら3時間外へ血が出た場合は24時間
外へ出す(群れからの孤立が犬にとって一番つらいから)
2週間後の予約をいれ、帰ってきましたが、帰る車の中でも帰ってからもこれでいいのだろうかと疑問がわいてきました。薬は家で飼っていなければ飲まなくてもいい薬です。そして家で飼っていなかったら3時間も外にだして孤立を味あわせることはない・・・
そこまでキャンディに無理させてまで家で飼っていいのだろうか?
キャンディを迎えた時から相談に乗っていただいている美和ママさんに電話で相談してみました。そして話をしているうちに私の気持ちが決まってきました。キャンディに里親を探すことにします。薬を飲ませるのをやめようと思いましたが今日飲ませてみました。飲ませるうちに変わるのであればそれはキャンディが娘に慣れるまでずっと飲ませなくてはいけない。
飲ませても変わらない場合はキャンディにとって意味ない薬。どちらにしてもキャンディにとっては必要ではない薬です。
この決断は早すぎると思われるかもしれませんが、私にとってキャンディにしてあげられる一番よい選択だと今思っています。
みなさんにご心配いただき、いろいろアドバイスいただき本当に感謝しています。そして今回の決断がきっとよかったと思ってもらえるよう、そして自分自身もそう思えるようこれからキャンディにとって居心地のよいのんびり暮らせる家庭を探そうと思っています。
みなさんいろいろありがとうございました。
私が今回行った病院です
井本動物病院
ニックネーム chakipankoママ at 10:41| Comment(9) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月27日

ありがとうございます

IMG_0060.JPG
前回のブログでキャンディのお話させていただき、わざわざHPを見ていただきありがとうございます。そして暖かいメールやコメントをいただき本当に感謝しています。今回こうした話をすることで責められるのを覚悟(というか責めてもらいたかったのかな)していましたが、みなさんに真剣に考えていただき、コメントいただきうれしかったです。
ただ今回の事で成犬を迎えるのを躊躇してしまったり、偏見を持たないでほしいんです。里親を待っているワンコはみんな良い子です。どうしてこんな良い子が保健所に・・という子ばかりです。人に裏切られてもひどい事されてもまだ私達を信じ愛してくれます。私が言いたかった事はただ可愛いそう、容姿が可愛いから・・ではなく、その迎えるワンコがどんな性格かそして自分の暮らしにあっているのか?などを考えてから迎えてほしいと思っています。
キャンディのその後ですが、相変わらず娘との関係は一進一退という感じです。逃げ回り、吠えるという行動から少し逃げる、吠える、追いかけて噛もうとするという行動になりました。その一方で娘からおやつをもらうようになり、その場で食べるようになりました(最初はもらっても近づかず食べませんでしたがしばらくするともらって逃げるというパターンになりました)娘がジッと座っていると手を舐めたりします。
そのことに一喜一憂している毎日です。しつけの先生に来てもらおうと思っていましたが一度連絡を取れて以来何度かけてもつながらず、信用できないからやめたほうがいいと他の人に言われ、また探さなければとおもってました。その矢先新聞で飼い犬の問題を取り上げた記事があり、そこに載っていた病院に予約をしました。今日行ってきます。良いアドバイスがもらえれば・・・希望を持っていってきます。
また良い報告ができればと思っています。

ニックネーム chakipankoママ at 10:25| Comment(5) | TrackBack(35) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

犬を安易に迎えた結果

うちには茶々・樹々・パンコ・キャンディと4匹のワンコがいます。
茶樹は保健所からボランティア団体に救われ縁があって家に来ました。パンコはペットショップで購入しました。もう増える事はないと思っていましたがネットオークションでキャンディを落札しました。そしてうちに迎えた6月7日から今日現在に至るまでキャンディをうちで飼うべきか悩んでいます。今まで無責任に犬を手放す人を許せないと思っていました。その無責任な飼い主になろうとしているかもしれない私ですが、私と同じ失敗をみなさんにしないでもらいたいという気持ちから今回キャンディを迎えた経緯や今の状況をHPにUPさせていただきました。とても長い文章になってしまったので、ブログではなくHPに載せました。
自分の気持ちを正直に書いたつもりです。お時間あるときに読んでいただけたらと思っています。
キャンディのお部屋

ニックネーム chakipankoママ at 11:41| Comment(9) | TrackBack(93) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月19日

トリミングしてきました

茶々と樹々は今日トリミングに行ってきました。最初はいろんなショップに行きましたがここ5年ほどには病院に併設されているトリミングサロンへ2ヶ月に一回くらいの割合でカットしてもらっています。7月に入って予約の電話を入れると一番早くて8月1日です・・・伸びきってるのに一ヶ月も待てないよぉふらふらたまに散歩で会うトリマーの人に頼もうかな・・・なんて考えていたら先週お散歩中偶然会って今日お約束させてもらいました。普段はショップでトリマーとして働いていてお休みに近所のワンコをトリミングしている働き者のお姉さんです。しかも娘が通っている幼稚園の前にあるマンションに住んでいたことが発覚
今日10時に連れて行って終わったよと連絡をもらったのが2時過ぎ。
とても可愛くしてもらってスッキリ黒ハート
おうちで写真バンバン撮っていてなんだかいつもと違う・・・
茶々は普通に可愛い黒ハート
IMG_0318.JPG
樹々はなんだかうなだれている。なんか変だと思ったら耳毛が短いあせあせ(飛び散る汗)ちょっとこの樹々困った顔してません?
IMG_0320.JPG
このトリミングしてくれたお姉さん自分のお家にもシーズーが2匹いるんですがとっても小さくて可愛いんです。聞くとお店の売れ残りを引き取ったそうです。今年の2月に駅前で偶然会ったときもいきなり「ペキニーズいりませんか?」と言われてびっくりひらめき
聞くとまたお店で売れ残ったそうで8ヶ月の真っ白フワフワ可愛いペキニーズをキャリーから出してくれました。その時・・・うちには茶々・樹々・預かり犬パルそして1週間くらい前に購入したばかりのパンコと総勢4匹犬ちょっと無理・・・気になってその後メールしたら無事里親が見つかりましたとお返事いただき安心した記憶があります。お店にいるとそういった売れ残り(言い方が悪いですね)の行き先まで心配しなくてはいけない・・大変ですよね。
今日も若者二人は喧嘩ばかり
IMG_0305.JPG
だから寝ている樹々の近くで喧嘩しないでよぉ
IMG_0307.JPG
樹々も負けずにドコモ茸のぬいぐるみと格闘中
IMG_0308.JPG

ニックネーム chakipankoママ at 22:44| Comment(4) | TrackBack(59) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする